WORKS
仕事を知る

少数精鋭で
大きな仕事ができる
シニアコンサルタント

三浦 洋平

[プロフィール]東京大学 経済学部卒業。新卒入社したアビームコンサルティングを経て、2018年にNCDCへ入社。NCDCでは、国内最大級規模(当時)のIoTプラットフォーム構築や大手生命保険会社のコンシューマー向けWebサービスの大規模システムをサーバーレスで実現するなど、クラウドネイティブなアーキテクチャ、DevOpsを実現するためのコンサルティングを数多く手がける。また、最近はDXコンサルティングや内製化支援など新しい領域にも活躍の幅を広げている。

─ NCDC入社前の経歴を教えてください

新卒で入社したコンサルティング会社で、ITコンサルタントとしてのキャリアをスタートしました。コンサルタントといっても実際にはプログラマ・SEのような仕事が多く、Javaでのプログラミングやシステム設計・外注管理が主な業務でした。最初は実装の知識を積んでから上流の工程に進みたいと思っていたためプログラミングには抵抗はありませんでしたが、徐々により幅広い仕事をしたいという想いが募り、転職を考えました。

─ NCDCを選んだ理由は何ですか?

まず、技術面ではその時の最新技術を採用することにこだわっている点に魅力を感じました。組織が小規模で自分自身が責任を持ってコントロールできる範囲が広いことも自分にとっては魅力でした。たとえば働き方ひとつとってもNCDCはリモートワークが基本で、時間の使い方も自己裁量に任せてもらえます。

小さな組織である一方、NCDCが取引している企業や案件の内容を考えると、大手コンサルティングファームと同等の仕事であり、自分自身の成長につながる環境だと感じています。NCDCでは実力さえあれば早くから責任者として現場に立てることも魅力です。自分自身の能力を十分に発揮できる環境が整っているため、やりがいを感じながら仕事に取り組んでいます。

─ 印象に残っているプロジェクトを教えてください

NCDCに入社したばかりの頃に、AWS上に国内最大級規模(当時)のIoTプラットフォーム構築プロジェクトに携わりました。まだ国内での使用例がほとんどなかった最新のアーキテクチャを提案することがとても刺激的でした。当時は知識も客先で話す経験もありませんでしたが、しっかりとバックアップ体制が敷かれた上でチャレンジできたので、大きな成長を遂げることができました。このような新規性の高い案件はAWSの方からも積極的にご支援いただけるので、その点でも勉強になりました。

また、ライフネット生命保険株式会社様の案件では、AWSのアーキテクチャ提案・構築にメインコンサルタントとして関わらせていただきました。誰もが知っているサービスのWebフロントの更新において、新しい完全サーバーレスアーキテクチャを提案し、採用していただけたことは非常に嬉しかったです。さらに、AWSアーキテクチャ以外にも、システム更改のコンサルティングや業務コンサルティングなど、幅広く経験することができています。

─ NCDCでキャリアを積む魅力は何だと感じていますか?

下流から上流に行くキャリアパスの中では理想的な歩みができたと思います。AWS関連の経験がなかった私は、プロジェクトに参加しながら学び、その経験を活かしてアーキテクチャコンサルタントとしての実績を積むことができました。また、他のプロジェクトでも最初はシニアコンサルタントのサポートメンバーとしてアサインされ、徐々に仕事を引き継いでいくため、様々な領域にチャレンジすることができます。

誰もが知る大企業とのプロジェクトが多く、お客様にも優秀な方が多いこともNCDCの仕事の魅力です。多くの上場企業と直接契約していることはNCDCの信頼性が高いことも証明していると思います。

─ チームの印象や雰囲気について教えてください

コンサルタントチームは自律性が高く、少数精鋭の組織です。それぞれの得意領域が異なるためチーム全体で幅広い知識と経験を持っているといえます。

私自身は、NCDCの魅力の一つが「優秀な上司と一緒に仕事ができることが保証されている」ことだと思っています。コンサルティングの仕事は、「見て盗む」ことが多いですが、NCDCでは優秀な上司のもとで、いい仲間とともに最高の成長機会を得られると感じています。

─ 目指すコンサル像はありますか?

自分の武器であるアーキテクチャ領域の実績を積み上げ、その経験を基盤に幅広い領域のコンサルティングにも挑戦したいと思っています。NCDCの代表である早津さんやCTOの十川さんのように、幅広い領域に精通し、高度なスキルを持ったコンサルタントになることが目標です。

─ 日々の仕事内容や勤務スタイルを教えてください

NCDCは全員がフルリモートで働いており、客先訪問がある場合を除いては、主に自宅で提案書作成などを行っています。お互いのスタイルを尊重し、アウトプットに対する信頼があるため、監視されているような感覚はありません。ただ、業務量を考えるとサボっている暇はあまりないですね(笑)。

ある日のスケジュール

  • 9:00 – 11:00 資料作成・作業
  • 11:00 – 12:00 勉強会
  • 12:00 – 13:00 昼休憩
  • 13:00 – 14:00 お客様とのミーティング
  • 14:00 – 15:00 予備時間(仮眠を取る場合もある)
  • 15:00 – 16:00 社内ミーティング
  • 16:00 – 17:00 お客様とのミーティング
  • 17:00 – 18:30 ミーティングまとめ・翌日の準備

─ どんな人がNCDCに向いていると思いますか?

NCDCは、小さい組織で大きい仕事をしたい人に向いていると思います。また、コンサルタントであってもITエンジニアリングやデザインにも深い関心がある人や、エンジニア・デザイナーからコンサルタントを目指したい人にもお勧めです。自分の専門分野では手も動かしつつ、より頭を使う上流工程の経験を広げていきたい人にはぴったりな環境だと思います。

通勤や無駄な会議にストレスを感じている人にもお勧めです。NCDCでは時間を有効に使い自分のペースで仕事が進められるため、ストレスを感じることが少なく、自分自身の能力を最大限に発揮することができます。