WORKS
仕事を知る

他ではできない
経験を積める
マネージングデザイナー

菅原 慎也

[プロフィール]ソフトウェアメーカー、デザイン事務所を経て、2020年にNCDCへ入社。NCDCでは、スマートシティの住居者向けサービスデザイン、コンシューマー向けアプリのUX/UIデザインなど多数のプロジェクトを担当。また、幅広い経験を生かしてUXデザインセミナーの講師として社内外のセミナーに登壇している。NCDCデザイナーチームのマネージャーも務める。

─ NCDC入社前の経歴を教えてください

NCDC入社前は2社経験しています。1社目は3DCGソフトウェアのメーカーでデザイナーやプロジェクトマネージャーの仕事をしていました。2社目はデザイン事務所でグラフィックデザイナーの仕事をしていました。システムのUIデザインから、家具や犬小屋などの工業製品のデザイン、映像のディレクションや3DCGのグラフィック作成まで、過去の経験は多岐にわたります。

─ NCDCを選んだ理由は何ですか?

それまではシステムのUIから工業製品まで幅広いデザインの仕事をしていましたが、経験を重ねるうちに「もっとUXデザインの領域を深く経験したい」という想いが強くなりました。転職の検討段階ではWEBデザインの会社やSaaSの運営会社なども考えましましたが、その中でNCDCを選んだ理由は、業種を限定せず幅広いクライアントがいて、UI制作だけではなく多岐にわたる課題解決のために「UXデザイン」を活用している点に魅力を感じたからです。

菅原が担当したUIデザインの一例

─ NCDCのUX/UIデザイナーの主な仕事内容を教えてください

新規事業のサービスデザイン、コンシューマー向けのモバイルアプリのUX/UIデザイン業務用SaaSのUX/UIデザイン、既存UIの改善コンサルティングなど、幅広い仕事があります。また、お客様向けのUXデザインセミナーで講師を務めることもあります。その他にも、自社サービスのロゴデザインや展示会時のブースデザイン、チラシデザインなど自社のブランディングに関連する業務も社内のデザイナー達が担当しています。

─ 印象に残っているプロジェクトはありますか?

お客様にUXデザインの重要性をご理解いただき、成果を高く評価していただけた業務用アプリのUX/UIデザインコンサルティングが印象に残っています。

具体的には、重工メーカーで使う業務用アプリの案件です。UXデザイン方法論を用いてプラント現場で働くエンジニアの行動を可視化し、そのインサイトを把握することで業務上の課題を解決する機能やUIを検討していきました。時間の制約があり主要画面だけを対象としましたがUIのプロトタイプ作成までご支援して、お客様からNCDCに頼んで良かったと言っていただけたことが記憶に残っています。

─ NCDCでキャリアを積む魅力は何だと感じていますか?

「独自の方法論やメソッドがある」ことがNCDCのひとつの特長です。前職でもペルソナやカスタマージャーニーマップを用いていましたが、当時は感覚に頼っていて課題へのアプローチが定まっていなかった気がします。一方で、NCDCでは実績のある方法論がベースとしてあるので、以前よりもやるべきことがクリアになりました。

「情報整理の難易度が高い」案件が多いのもNCDCの特長かもしれません。お客様の業種やプロジェクトのゴールが多様なので、必要に応じてデザイン以外の専門知識(例えば監視カメラの仕組みなど)を0から学ぶこともあります。また、現場に足を運んでユーザーのようすや利用環境を視察することもあります。さまざまな情報を集めて最適なUX/UIを検討していきますが、多くの情報がある上に、お客様社内の複雑な業務フローが関係してくることもあるので、整理してシンプルにまとめるのはとても大変です。

ただ、難しい分だけうまく具現化できた時のやりがいは大きいですし、他ではできない貴重な経験をできていると思います。

─ NCDCのデザイナーやチームについて教えてください

前職でもUX/UIデザインに関わっていた人もいれば、イラストやグラフィックデザインを主な仕事にしていた人もいて、メンバーのキャリアはさまざまです。1つのプロジェクトに入るデザイナーはだいたい1〜2名で、基本的には個々に担当案件に取り組みますが、チームとしての協力体制もつくっており、困った時には相談しあったり、デザインをレビューしあったりしています。また、チーム内で(時には他チームも招いて)情報交換会やノウハウを共有する勉強会なども実施しています。
デザインチームのマネージャーとしては、今後も個人、チームともにスキルアップできる仕組みを作って、社外から一目置かれるようなチーム作りをしていきたいと考えています。

NCDCのUX/UIデザイナー(一部のメンバー)

─ 日々の仕事内容や勤務スタイルを教えてください

対面での打ち合わせなどがあれば外出もしますが、フルリモートなので基本的には在宅勤務でUIデザインをつくったり、コンサルティングの資料を作成したりする時間が多いです。前職の時(通勤あり)よりワークライフバランスは安定しています。以前は通勤に時間がかかっていたので、残業があるとどうしても家事・育児を共働きの妻に任せてしまっていましたが、今はうまく分担できているかなと思います。

NCDCのデザイナーはコンサルタントやエンジニアなどと密にコミュニケーションをとり新しい技術や考え方を取り入れることも非常に重要です。情報共有は日々Slackで行いつつ、週に何度かWeb会議で集うというかたちが多いですが、必要なときはオンラインで話し合いながら一緒に作業をすることもあります。

─ NCDCへの転職を検討しているデザイナーへ一言お願いします

NCDCのお客様は業種がさまざまで依頼される内容も多岐にわたります。また、誰もが名前を知っているような大手企業が多いことも特長です。こうした背景から、他ではなかなか経験できないようなインパクトの大きい仕事に巡りえる機会が多いので、キャリアアップを考えるUX/UIデザイナーにとっては非常にやりがいのある環境だと思います。ぜひ一緒に働きましょう。